犬たちとの徒然なる日々


by leonfuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

元気です!

9月11日(日)  晴れ

今日はあの東日本大震災からちょうど半年
ブログも3月7日のレオンの誕生日以来更新していなかったけれど
久々の更新です!

色々あったけれど、みんな変わらず元気です!
更新していなくて、心配していただいていた皆さますみません!
ぱぱさんも私もレオンも福も元気です♪


そう・・・もう半年もたったのかという気がする。
多分みんながあの震災以降色々なことを考えてきただろうなと思う。

私もあの震災を体験し、恐怖も感じたし、普通の毎日のありがたさも
心から感じた。
あの日、下北沢に友人といた私は、すぐにぱぱさんと連絡が取れ
ぱぱさんとレオンと福が無事であることを確認できた。
とにかく家に帰りたかった。
後でああいう時は無理に帰ろうとしてはいけないといわれたけれど
自宅に戻りたかった。

とにかく都心は人であふれていてその中にいるのが怖いなと感じた。
歩いて帰ろうとも考えて、水やチョコレート、携帯の充電池などをコンビニで買い
3時間くらい歩いた。
コンビニは混んでいたけれど、トイレも並んでいたけれど
すごく皆落ち着いていて、マナーが良かった。
日本人てすごいなと私もその時感じた。

ぱぱさんが迎えにきてくれようとしたけれど、うちの近所も大渋滞だし
都心も大渋滞、逆に二人で動いていると危険な気がして、迎えはやめてもらった。
友人宅に身を寄せることも考え、なんとか連絡がつき、歩いて向かおうとしたときに
奇跡的に空車が来た!!
あの日、都心を歩いていた人ならわかると思うけど、タクシーは乗車しているか
回送にしているかで、何百台見送ったかというくらいタクシーはつかまらなかった。

なのに、本当に奇跡的だった。
運転手さんがこれまた本当にいい方で、今まで乗ったタクシーの中でも
一番よかったと思うくらいいい運転手さんだった。
トイレ休憩を終えて空車の表示を出した途端、私が手を挙げたらしい。
年齢も若く、丁寧、親切、「買い物、トイレ、食事どこでも止まりますから
遠慮なく言ってください」と言ってくれた。

結局そのタクシーで自宅まで乗って帰った。
タクシー会社や運転手さんのお名前をちゃんとメモしておけばよかった。
ちゃんとお礼が言えたのに・・・そこまで気が回らなかった。
結局5時間くらいかけて帰ったのだろうか・・・
家に着いたのは日付が変わって2時半ごろだった気がする。
そう、12日は私の**歳の誕生日!
タクシーの中で誕生日を迎えた。
忘れられない誕生日。

最近色々物忘れが多い中で、やはりあの日の出来事は忘れられない。
ただあの日は大変だったけれど、やはり今もなお大変な思いを
ずっとしている方々が大勢いる。
解決していないことも山ほど。
私なんてこうして普通に暮らせているのだから、本当にありがたい。


さて、話は変わり、レオン君と福ちゃん。

レオンはだいぶ年寄り化が進み、昼間寝ていると私が外出から戻っても
気付かず寝ていることが多くなった。
鍵の音・ドアの開け閉めの音がもう聞こえていないようだ。
耳がかなり遠くなってきている。
目はまだ大丈夫!
そして、脚・・・後ろ足がだいぶ弱ってきた。
寝ていた姿勢から立ち上がる時にずいぶん時間がかかる。
さらに夏の間、クールボードの上に寝ていたり、床もフローリング状態だったので
足が滑り、力が入りにくかった様子。
少し暑さが収まってきたので、急いでカーペットを敷いた。

というのも、立ち上がる時にかなり踏ん張って立ち上がるので
そのふんばった瞬間に、う●ちが出てしまうようになってきて
朝起きると床にう●ちが・・・・
ということが3日ほどあったので・・・

ただ、自然にふんばってでてしまった感じなので
レオン自身は、落ち込んでいる風もなくいつもと同じ状態。
よく落ち込んだり悪そうな顔をすると聞くけど
れおんはそんなそぶりはない。

老齢化に伴い、甘えんぼうがレベルアップしてきた。
さらに昔は、散歩仲間の親しいおばさまたちが
ふざけて「さ、レオン帰ろう~」なんてリードをひいて帰ろうとすると
「なになに?なんか楽しいことあんの?」みたいな感じでスタスタついて行っていたのが
今では必ず止まって、私の顔を見て、「ままは来るの?」みたいな顔をする。
公園で私がトイレに行ったり、水を汲みに行ったりしても
その間不安そうにずっと私の入った方向を見て待つようになった。
まあ、いいことなんだけど、年とともに離れるのも不安になってくるのか
家の中でもスリスリ、べたべたが増えた気がする。
可愛くて可愛くていいのだけど、昔はそういうタイプじゃなかったから
ちょっとうれしいけど不思議。

福ちゃんは前から分離不安のようなところがあったから
今でも家の中でも私のストーカー。
トイレの前、お風呂の前、PCに向かっているときはすぐそばで寝ている。
最近はまたちょっと太り気味の福ちゃん。
抱っこすると重くて重くて、5キロ絶対超えている。
6キロくらいになっている予感。怖くて計れない。
少し痩せさせてから計ってみよう。


また話は変わり・・・
犬ともだったムックママ。
先月18日にお星様に・・・・
4年ぐらい頑張って治療をしていたけれど・・・

ひとまわり以上、年上の女性だったけど、話が合うところがたくさんあり
よくメールや散歩でもおしゃべりした。
格好よくて、素敵でアニエスのTシャツに501みたいな感じで、
ああ、私もあの年代でああいう格好の似合う人になりたいなと
思っていた。
大好きな方が亡くなるって、本当に本当に悲しい。
ムックが昨年末にお星様になり、それを見届けてほっとしたのではないかと
ご主人がおっしゃていた。

本当に悲しい出来事だけれど、ご主人やお子さん、お孫さんに囲まれて
幸せだっただろうなと思う。



最近のれおんと福ちゃんの写真。
先月夏休みに姪っ子が来て、遊んでくれた時撮ってくれたもの。

d0063615_23151740.jpg


d0063615_23153044.jpg


d0063615_23154239.jpg

[PR]
by leonfuku | 2011-09-11 23:21